ページビルダーメモ

■ヘッダー/フッターは推奨サイズに合わせて作るのが一番

 

SEOのポイント稼ぐ

  1. プライバシーポリシー
  2. サイト表記上の注意
  3. 会社情報
  4. 当店について
  5. 当店の特徴 など

 

背景の作り方

  

https

→ロリポップ(サーバー)で設定する

 

 

アンカーリンクの方法

→1、TinyMCE Advancedをインストール、有効化にして、#で始まるアンカー名を指定します。

2、上部のボタンの「挿入」をクリックし、「アンカー」を選択します。

※TinyMCE Advancedをインストールすることで、このボタンがエディタに表示される

3、ステップ1でつけたアンカー名を入力し、OKをクリック

 

 

イメージマップ作り方

HTML Imagemap Generator に画像アップして

イメージマップの位置を指定してHTMLを生成する

 

 

テーマごとに違う操作

テーマ毎にいじれる部分が変わるので、コードエディターができる場所なら、固定ページでイメージ完成させて(カラム、フォントサイズ、リンク、文字位置)などのコードをコピペすれば一番楽。

  

  

    

カラム

はブロックエディターで普通に変更できる

→画像だけのカラムならギャラリーのほうが便利そうだけど

ただCSSでもできる

 

 

 

 

プラグイン編

■WP show post

→投稿も固定も、紹介もカテゴリごとに表示できるショートコードを生成

 

TinyMCE テンプレート

→テンプレートを作れる

 

■Contact form7

→お問い合わせフォームをカスタマイズすよ→お問い合わせフォームをカスタマイズし、ショートコード生成

 

What’s New Generator

→お知らせのショートコードを生成

 

Responsive Image Maps

→イメージマップをレスポンシブにできる

 

■All In One SEO Pack

→SEOらしいが、まさかこれのおかげ!?asleadだけつけてる

  

EWWW Image Optimizer

→画像容量圧縮

 

TinyMCE Advanced

→いろいろできる見たいだけ、クラシックエディターの拡張と思えばよさそう

アンカーリンクもこれだった

 

 

■jetpack

→最強プラグイン!できること

・アクセス数

・SNSまとめて更新

   

 

■Easy Textillate

→テキストが動くショートコード生成

使い方インストール→有効化後
「設定」→「Easy Textillate」をクリック

Your Text: アニメーションを付けるテキストを入力します。
       例えば
       「今後とも takuweb をよろしくお願いします!」

In Animation: 入り方のアニメーションパターンを選びます。
        ここではデフォルトの2つにしています。
        fadeInLeftBig 左からフェードイン
        sequence 徐々に流れる

Out Animation: 終わり方のアニメーションパターンを選びます。
        ここではデフォルトの2つにしています。
        hinge ヒンジ(中央)
        shuffle シャッフル

Shortcode: このショートコードを投稿に貼り付けて表示します。
       使うのでコピーしておきましょう。

クラシックモードorブロックエディターのショートコードで張り付け

備考:超簡単&面白い

 

 

 

 

Shortcodes Ultimate

→いろいろできるショートコードを生成

使い方

■ボックス
内容:ボックス内のテキスト
半径:ボックスの角
改行は 
 を使う
あとは見ればわかる

■リスト
アイコン選んで
文章入れると見やすい箇条書きができる

 
■メモ
ボックスまではいかないけど強調とかに使える